toggle
2016-01-18

子連れサンセバスチャンの旅 その2/2

サンセバスチャンは美味しい(レストラン編)

美食の街サンセバスチャン、ミシュランの星付きレストランも多いという。1歳10ヶ月の子供連れでレストランディナーは流石に厳しい、したがってランチを豪華にレストランでいただくことに。

行ったのがLa Murallaというミシュラン掲載のリストランテ。こちら、ものすごく良かった。現代風アレンジのバスク料理のプリフィクスコースがたった€25、その上ワイン代も含まれている。もちろんリオハ。大人4人だったので、ワインは一本いただき、昼からいい感じで酔っ払った。

IMG_4194

イカスミのラビオリ。透けて見えるほどの薄い皮の下にイカの旨味がたっぷり。

main

家鴨のコンフィ。

IMG_4199

アップルパイ

ホントにどれも美味しい。Tripadvisorでもサンセバスチャン内のレストラン562軒中13位になっている。勿論子供連れにも優しく、ハイチェアの用意もある。これは絶対おすすめしたいお店。

サンセバスチャンは子供連れに優しい

san-sebastianとにかく、サンセバスチャンは街が綺麗で、安心・安全な雰囲気であることは前回言及したが、他にも子連れ家族にとって優しい観光地だといえる要素がいくつかある。

  1. 街がこぢんまりとしており、大体30分位でぐるりと見て回れる
  2. 土地がフラット、かつ路面がなめらか。石畳が綺麗に舗装されており、ベビーカーで回れる
  3. 街の中心部に子供のプレイグランドがある

1については、サンセバスチャンの街は小さい。歴史的な見どころは少なく、観光のメインは美しいビーチとその背後に位置するバルが集まる旧市街とブランドショップが連なる新市街部分。それぞれ近接しているので公共交通機関を使う必要もない。

2については、市街の地形はほぼ平ら、坂道は無い。また路面のコンディションについては、旧市街の石畳がそもそも歴史的に不揃いでデコボコしていたり、一般的な歩道の舗装がメンテナンス不足によって穴だらけだったりすることは良くある話だが、ここではどちらも無く、安心してベビーカーで観光することが出来る。

3については、新市街と旧市街の境目、市庁舎前の広場にメリーゴーランドや滑り台、ブランコ、ジャングルジム的な遊具が設置されており、子供が楽しそうに遊びまわっている。子どもとお父さんが遊んでいる間に、お母さんが新市街でショッピング、または逆にお父さんが旧市街でワインを一杯、なんていうことも簡単に出来る。

IMG_4170

サンセバスチャンからビルバオ空港へ

サンセバスチャンの次の目的地はポルトガルのリスボン。フランスのビアリッツから入った行きとは違い、サンセバスチャンから90km西に位置するビルバオ空港へ、そこからバルセロナ経由でリスボンに向かう。サンセバスチャンからビルバオ空港へはバスで向かうのが一般的。ただし、ネットでも幾つか情報があるが、バスの乗り方がわかりづらい。チケット売り場がわかりづらいことと、バスターミナルのどこにバスが停まるのか予測出来ないという2つの困難が待ち受けている。自分は日・英両方の口コミを確認し入念に準備したにもかかわらず、結局最後までバタバタ探しまわったりしたので、時間に余裕をもって行動をしたい。

チケットの購入について

  • オンライン
    • PESAという会社のチケットがオンラインで購入可能、座席も指定できる。但しビルバオ空港という名称の行き先は存在せず、LOIU(ロイウ)という名前になっているので注意すること。LOIUというのはビルバオ空港の通称名、「羽田」みたいなものか。知るかそんなん。いちいち不親切。しかしながらチケットのプリントアウトが必須になるので、プリンターがある環境にないかぎり難しい選択。
  • オフライン(チケット売り場の場所)
    • 言葉では説明しづらい。大通り沿い、下の地図のあたり。PESAの看板がある。健闘を祈る。

 

バスのりばについて

バスターミナルの位置は下図の通り。ビルバオ空港へのバスは50番。バスの前面に番号が表示されているので、確認すること。ターミナルとは言えど、ただの青空駐車場に等しく、番号によってバスの停留場所が決まっているわけではない。空いている場所に停まっているか、もしくは停める場所がなければ路上に中途半端に止まっていたりするので要注意。時間になってもバスが来なかったら、近くでPESAのバッジをつけているおじさんを見つけて「ロイウ!ロイウ!」と叫ぼう。ラテンなおじさんが一緒になってバスを探してくれる筈。

総括

サンセバスチャン、全く前知識なく訪れた場所だったが、とても満足だった。来てみて街の美しさと食事の美味しさにとても驚くとともに、自分たちを除いて東・東南アジア系の人を全く見かけなかったのも意外で、ヨーロッパ人に人気の隠れスポットという趣も何か得した気分になった。街の人々はフレンドリーで、珍しさのためか、うちの娘に声をかけたりかわいがってくれたり、イギリスとは違うラテンの陽気と気さくさに溢れていた。そのような訳で再び訪れたいと思う素敵な街だった。なお、今回は行けなかったが、旧市街の後方にある丘からの眺望も観光スポットの一つなので、次回に是非挑戦してみたいと思う。

関連記事
Comment





Comment