toggle
2018-03-26

ロンドン生活終了

thames_river妻の帰任に伴い、日本に帰ります。2015年の冬に来て2年と約半年、ついにこの日がやって来ました。

思えば40代無職になっての渡英、専業主夫としての苦闘と苦悩、二足の草鞋を目指して意地のフリーランス開始、そして現地社員へのステップアップと目まぐるしく変化し、その間人一倍旅もしました。すでにこの生活は日常化し普通に時が過ぎて行く一方、ついこの間ロンドンに来たばかりのようにも思え、帰るという実感も湧きません。正直やり残したこともたくさんあります。

ただ、少なくともこの2年半の生活の中で、日本のしがらみを一切断ち、背負う会社も名刺もない、ただの一人の人間として世界一のダイバーシティを誇るロンドンにいた事は私の人生において非常に大きな意味を今後も持ち続けるでしょう。

特に、国籍を問わず人々の様々な価値観や生き様を現地人に近い立場で色眼鏡なく吸収出来たこと、子育てに優しい社会の中で、何より子供や家族と一緒に過ごす時間を大切にした欧州式のライフスタイルを経験できたことは大きいです。

仕事という言い訳無しの立場になった専業主夫時代は、主夫活動を通し、家事育児への理解やコミットメントが少なかった自分を反省するばかりでした。所謂「名も無き家事」と言われるような日々の細かな家庭の仕事について妻に頼りきりで、なんにも考えていなかった自分の視野の狭さが身に沁みるほど理解出来ました。

仕事を始める段階になったところでは、仕事と家庭の両立以前に、海外で仕事を手に入れることの難しさにぶち当たり、自分の存在は社会にとって意味があるのか?とさえ自問自答する日々でした。その中で転換点になったのは、現地日本人コミュニティに食い込み、イギリスで裸一貫から成功を手にしたベンチャースピリット溢れる方々と知り合うことが出来、助けていただいたことです。

そして1年働いた職場については、自分が子育てを中心に生活を回していることを理解頂き、毎日5時に会社を出る前提でも雇ってもらえたことに感謝です。そして3ヶ月に1度のペースで1週間以上の休暇を取り、ヨーロッパ、中米など様々な場所へ家族旅行に行くことが出来ました。

子供も大きくなりました。1歳8ヶ月で来たばかりの時は、私が四六時中面倒を見なくてはならない、小さく幼い存在でしたが、もう来月で4歳。立派にナーサリーで友達や先生と英語でコミュニケーションを取り、トイレなど自分で身の回りのことをしたり、遊びを考えたり、個性を発揮しています。子供にとっては、大変だったかもしれませんが、明らかに教育上良かったと断言できます。

日本に帰って新たな生活がはじまっても、我が一家の旅は続きます。これから自分はどこへ向かうのか、家族とどういう幸せを手にしたいのか、良い機会だと思うのでいろいろ考えていきたいと思います。

ブログについては、まだ英国生活で書き残したこともあるので、時々更新しようかと思います。

関連記事

コメント2件

 Take | 2018.03.27 1:17

私も去年までロンドンに赴任していたこともあり、密かに応援して拝見していました。自分のことのように思うことも多くありとても面白かったです。日本ではどちらにお住まいになるのでしょうか?私は東京に住んでいますが、機会があればお話しできると嬉しいです。

 管理人 | 2018.03.27 10:50

ありがとうございます!ぜひいただいているメールアドレスにご返信させていただきますね!

Comment





Comment