toggle
2015-12-31

子連れフィレンツェの旅 その1

duomo_night

12月26日より3泊4日の日程でフィレンツェ旅行に出かけた。

フィレンツェへの旅はロンドン・ガトウィック空港から、スペインのVueling航空というLCCを利用することに。

旅行前の準備

宿泊先について

  • 子連れの旅ではLD/寝室分離、キッチン付きが重要なので民泊。但し今回はAirbnbでなく、価格的に安かったのでBooking.comを利用。中央市場前、ドゥオモに至近の部屋をレンタル。フィレンツェは観光都市なので、Airbnbの様な完全な民泊だけでなく、アパートの部屋を貸し出す民宿的なビジネスをしている業者も多いようだ。

ドゥオモ、及びウフィッツィ美術館のチケット予約について

いざ出発!ガトウィック空港まで

gatwick_airport

当日、マイカーで出発。ロンドンの北部のハムステッドから南のガトウィック空港までは遠い!まさにロンドン縦断。42マイル(=67.2キロ)もあるため、車で1時間半程かかり、これだけで小旅行。幸いクリスマスの翌日、及び朝6時半過ぎ出発だったのが救い。ガトウィック空港はLCCメインの空港だけに照明も少なめで質素な作り。

雲の上でハプニング発生、ピサ空港へダイバート

ロンドンからフィレンツェまでは2時間10分程度。まるで羽田から福岡に飛ぶ程度で行けてしまう。。。のつもりだったが、機内でアナウンスが。

「フィレンツェ空港が霧の為着陸できません。ピサ空港に着陸します。フィレンツェへは代替バスを用意します。」

グルグル旋回して予定を遅れること30分、13:30にピサ空港に到着。到着ロビーのベンチで時間を過ごすが、待てども待てども代替バスは来ない。昼飯のタイミングを逃し腹は減るわ、子供は昼寝の時間にさしかかり我慢の限界に達するわ、もう踏んだり蹴ったり。。

pisa_airport

ようやくバスが来たのがなんと16時!ウフィッツィ美術館の入場予約は同日16時15分だったのだ!終わった。。。

代替バスを待たずにさっさと一人6ユーロのバスに乗るべきだった。

着くには着いたが・・・

ピサの空港は快晴だったので、フィレンツェが霧なんて全く信じられなかったのだが、高速道路を走っているとフィレンツェの近くから周りの景色が全く見えなくなるくらいの濃霧。確かにdivertは仕方がない。しかしこの先観光に支障が出ないか心配になるレベル。当初の予定より4時間遅れでフィレンツェ空港に到着。空港は郊外なのでさらにタクシーでフィレンツェ駅まで22ユーロ。もうボロボロ。

タクシー車中でふと思う。おや、待てよ、ピサの空港バスだったら一人6ユーロでフィレンツェ駅までつけたはずだ。。。益々腹立たしい。

この日はチェックインして、夕食を食べるだけで精一杯。

foggy_florence

夕食に出かけるついでに眺めたドゥオモ。やばい、霞んで見えない。。

夕食は子連れでも大丈夫な店かつ旨いと事前チェックしていたトラットリア・マンマ・ジーナで。フィレンツェ名物モツの煮込み「トリッパ」と、トスカーナの地酒「キャンティ・クラシコ」を堪能。すっかり長旅の苦労も忘れたのだった。

chianti_classico

つづく

 

 

関連記事
Comment





Comment