toggle
2015-12-07

漏れた

river_thames

本文と関係ありません

主夫にピンチが訪れる。朝からトラブル発生。娘を抱きかかえたところ、何やら服が冷たい。

なんだこれ?今飲ませた牛乳か?(クンクン)うぁ、臭っ!

おむつかう◯ちが漏れている!このところ抗生物質を飲んでいるため、娘の弁が柔らかいのだ。俺の下着の左腕とズボンの左腿部分が茶色に染まる。

こんな時に妻は隣の部屋で東京オフィスとテレカン中。

リビングで娘のズボンとおむつを脱がした後、自分はパンツ一丁になって、バスルームに駆け込み、手に着いたクサヤ液を洗い落とす。すると娘も得も言われぬ表情でバスルームに入って手を差し出してきた。娘も脱いだズボンを触って自爆したのだ。

次々と襲いかかるトラブル。

元をたどれば、決壊の原因がこちらで売られているおむつの問題では無かろうか。

ここに現在家にある紙おむつ3つを並べてみた。

3_diapers

左はブランド名不明、真ん中はパンパース、どちらもこちらで買ったもの。右端が日本のムーニー。

左端は親の不安を煽る論外なデザイン、まるで図工の時間に画用紙で作ったような紙おむつ。横のギャザーが存在しない。見るからに決壊リスクが高そうな一品、怖くてなかなか使えない。

noname

真ん中が今回着用のパンパース。前者より安心なのは言うまでもないが、それでも横のギャザーの作りが薄くへにょへにょしている。その上水分吸収部分が不安。せんべいに入っているシリカゲルのようにざらざらしていて、股下にばかり溜まっている。

pampers

それに比べやはりムーニーの完成度は高い。作りがしっかりしているのだ。どこからでも攻めて来い!と言わんばかりの鉄壁の守り、これぞ我が家の守護神。やはり夜の寝転んだ姿勢からのおしっこや、寝相の変化にもガッチリ守ってくれる安心感がある。

moony

一日の締めくくり、クローザーはムーニー様に決まり!

関連記事
Comment





Comment