toggle
2018-04-28

もし、あなたの妻が海外赴任になったら? その3

dominican_republic

前回からの続きとなるが、重い話ばかりしてとても暗い流れになってきたので話題を変えたい。
妻の海外赴任についていく一番わかり易いメリットは、海外旅行ができる事である。
ロンドン在住中に旅行で訪れた場所(除日帰り旅行及び日本一時帰国、除出張)は以下となる。

2016年

mijas

  • フィレンツェ
  • リスボン&サン・セバスティアン
  • アムステルダム
  • マルタ
  • パリ
  • コッツウォルズ
  • バルセロナ&グラナダ&ミハス
  • エジンバラ
  • ノルウェーフィヨルドクルーズ
  • ボルドー
  • フレンチアルプス

2017年〜2018年3月迄

versaille

  • ドバイ&アブダビ
  • ウェールズ
  • デュッセルドルフ・ケルン
  • 地中海クルーズ(イタリア・クロアチア・モンテネグロ・ギリシャ)
  • トスカーナ&シエナ
  • ローマ
  • フレンチアルプス
  • リバプール&マンチェスター
  • パリ
  • サセックス&ブライトン
  • ドミニカ共和国
  • プラハ

JTB総合研究所の調べによると、日本人の平均海外旅行回数は1.6回/年とのこと。
我が家の海外旅行は期間2年4ヶ月(28ヶ月) 旅行回数 23回、平均的日本人の13.8年分の旅行に相当。年平均9.4回。
イギリス国内の日帰り旅行も含めれば勿論もっと増える。

世界には素敵な場所が一杯あり、その様な場所に訪れて見聞を広めることができただけでも海外主夫で飛び出してよかったと思っている。

出世街道を邁進したり、起業で頑張るのも勿論素晴らしいが、その様な高馬力高速度のF1的世界観から、一歩道を外れて、子育てしながらパリのビストロで飯を食べたり、昼からロンドンのパブでビールを飲んでいると、ああ、ママチャリを漕いだり、路線バスでのんびり進むようなユルイ人生もあるのだなあと新たな世界に開眼してしまった。

さらに海外赴任の帯同なら、基本的に自分は働かなくても経済的には困らないはずなので、逆に自分が現地で就職し、お金を稼げば、全て家計のアドオン。全部旅行などの遊興費に使えてしまうので、ますます行く場所が増えてしまう。仕事の探し方についてはまた別途論じたい。

人生観は人それぞれ、ただ逆張りの人生も捨てたもんじゃないという今回のお話でした。

<海外主夫デビューに関する相談受付中。コメント欄に一言ご連絡ください、メールで折り返します!>

 

関連記事
Comment





Comment