toggle
2016-10-20

子連れボルドーの旅 その1

10月中旬、家族旅行でフランスのボルドーへ。ボルドーと言えばワインの都、瀟洒な街並と郊外に広がるぶどう畑とシャトー、大人な街といった風情なのだが、子連れでも十分楽しめるボルドーの旅を紹介したい。

一日目:ロンドンからボルドーへ

ロンドンはガトウィック空港から毎度お世話になっているLCCのeasyjetでボルドーへ。
到着初日はボルドーの旧市街で宿泊。翌日からワイナリー巡りを行う予定だ。

フライト時間は約1時間半。ただし格安航空会社だけあって案の定遅延、到着は結局現地時間3時を超えてしまった。

空港からホテルへの移動はUBERが使えるので安心だった。なんとJaguarでお出迎えだったので少々ビックリした。旧市街まで30分、約35ユーロ弱。

初日のホテルは旧市街のクオリティホテル・セントカトリーナ。しかし、朝九時半に空港についたのに、なぜホテルのチェックインが5時近くなるのか。少々イライラ。

なぜボルドーか?

フランスと言えばワイン、ワインと言えばブルゴーニュと並びボルドーが二大聖地。ワイン好きの自分としてはやっぱり一度は行ってみたい場所なのだ。とくにボルドーは世界のワイン文化の中心。新世界(米国・南米・オーストラリア・南アフリカ等々)は勿論、イタリアやスペインなど欧州の一部も昔からブドウ品種や醸造・流通に渡るまでボルドーワインを模倣し、あるいは超えるべきベンチマークとし、発展発展してきたといって過言ではない。

ボルドーは大西洋岸に面した都市で、パリとスペインのマドリッドを結んだ船の丁度真ん中あたりに位置する。

bordeaux_location

中世はフランス貴族がイギリスの王様になった経緯で、ボルドーを首府とするアキテーヌ地方はイギリスの領土だった。その為イギリスとの経済の結びつきが強く、ボルドーワインはボルドーの港からせっせと輸出され、葡萄不毛の地であるイギリスで盛んに飲まれたという。

このように貿易都市、国際都市あった為、ボルドーの街は昔の栄耀栄華を偲ばせる美しい街並が広がっている。
歴史地区の街並は月の港と呼ばれ世界遺産に登録されている。
月の港という洒落た名前は街の形が由来。内陸から大西洋に抜ける、ガロンヌ川に沿って造られた街が三日月のように湾曲しているから。

bordeaux_city

ワインに限らず、食文化も楽しい。

まず思い浮かぶのは、お菓子のカヌレ。

canele_de_bordeaux

正式名称をカヌレ・ド・ボルドーと呼び、この街の名産品。ラムとバニラで風味づけされたこの焼き菓子、外は固めで中はもっちり。同じ焼き菓子の中でもサクサク、ボロポロするビスケットやショートブレッドと食感が対極である。自分はこれが大好物、幾つ食べても食べ飽きない。

勿論、ここはフランス、肉も魚介もチーズも美味い。

心配事としてはちょっと2歳半の子連れには行き先として相応しいかどうかという点。何となく大人っぽい雰囲気にあふれているので、子供も大人も十分楽しめる旅に出来るよう工夫を凝らしたいと思った。

圧巻!ボルドー市内

勿論パリと比べてしまっては元も子もないのだが、ボルドーの印象はかなり良かった。大きく、清潔で、美しい。
こちらは、ボルドーのランドマーク、ブルス広場&水鏡(Mirroir dEau)

Bourse_fountain

広場の噴水はなんと赤い水が吹き出している。これはワインをイメージしているのだろうか。

広場と川沿いを分け隔てる道路に平行して走るのはLRT。このLRTは珍しく、架線が存在しない。かと言って地下鉄銀座線のような第三軌条でもない。広場の真ん中に停留所があるのだが、ここだけは停留所のサインもベンチも何もない。ただのプラットフォームがあるだけ。広場の景観を壊すこと無く、スッキリしていてすごく美しい。18世紀の建物と21世紀の鉄道まで、何世代、数百年に渡り、全てが統一された美意識の下で維持・発展してきたことが実感できる。

LRT

広場のガロンヌ川側も印象的。何の変哲も無い石畳の広場から水煙が上がり、その後薄く水が張られる。この繰り返し。

smoke

水煙が上がると子供たちが大喜び。

img_8135

水煙のあとは、水が湧き出し、大理石の上に薄く水が張られる。これが「水鏡」の所以。

water_mirror

夜になるとこれがまたとても幻想的。

water_

旧市街はデパートやブランドショップが立ち並び、買い物環境が充実。ホテルでチェックインを済ませ、イギリスでは買えないオシャレな子供服を調達しに出掛けた。

ディナーはホテルのフロントでオススメのお店を確認。事前に英語HPのあるレストランを調べていったが、フロントのお姉さんに「これは高い割に美味しくないツーリストトラップだから行かない方がいい」と制止された。そこで別に案内されたのが「Chez Jean」入り口はカフェっぽかったのだが、二階に上がると落ち着いた雰囲気。子供用のブースターチェアも完備されており、居心地の良い空間が広がっていた。

chez_jean

食事も地元の素朴なご馳走といった感じで、ミシュラン星付きレストランのような優雅さはないが、量、味ともに満足、食後のデザートもアッサリとした甘さでとても美味しかった。地元の人もグループで訪れているようで、それなりに安心のお店に感じた。

pork

夜の街は汚いものが見えなくなるから余計に美しく見える。やっぱりフランスは素晴らしい。

bordeaux_downtown1

bordeaux_downtown2

翌日早朝、河岸を軽くランニングする。朝焼けの街も爽やかである。

morning_glory
img_2808
川沿いでは素敵なマルシェがまさに開店準備中。今回は我々は立ち寄る時間がなかったが、ゆっくり街に滞在するのであれば川辺を食べ歩きなど出来てきっと楽しいに違いない。

marche

そして二日目、今日からどっぷりワインの旅に。目指すはメドック地域、ボルドー最高級ワインの畑を目指して出発する。

つづく

関連記事
Comment





Comment