toggle
2017-06-25

子連れドバイの旅 その2

on-the-roadパームジュメイラに二泊の後、現地に在住する親戚の家に移動。この日は親戚に無理をお願いし、娘を預かってもらって久々の子供なし小旅行に出かける。埃っぽいハイウェイを駆け抜け、向かう先は砂漠。

砂漠を四駆で駆け抜け、キャラバンのキャンプ風のエリアでディナーをするというドバイ定番の観光ツアー。午後遅めに出発し、帰りが夜10時位になるので、小学生以下の子供は連れていくのは難しい。

砂漠に入る前に、まずは運転手さんがクルマの空気を抜く。タイヤの接地面を増やし、砂に沈まぬようにするための対策だそうだ。砂漠は景観保護区域になっているようで、電信柱や送電線などは視界に入らない様になっており、見渡す限りの砂漠。恐ろしく暑いのにも関わらず、ヤギもいる。goat-in-dune下の写真のような感じで、ランドクルーザーが数十台、隊列を組んで砂漠を爆走する。land-cruiser-caravanそして暫く進むと景色は一面草も生えぬ砂丘に変わり、ランクルは砂丘のコブを攻めまくる。あえてコブの頂上を乗り越えるようにして進むので車は空を向いたり地面を向いたりとアップダウンが忙しい。シートベルトなしではいられない。人によっては車酔いをするとのこと。desert-safari特殊な運転資格を持ったドライバーが運転しているとのことだが、果敢に攻めすぎて砂丘の頂上でスタックしているクルマもあった。ドライバーに聞いたら、横転するクルマもたまにあるとか。その場合はお客も含めみんなで寄ってたかって元の向きにひっくり返すらしい。

この壮大な砂漠の向こうに沈む夕日を見るのが最高にロマンチックとのことだったのだが、残念。雲が邪魔で見れなかった。。
sand-dune砂漠のドライブのあとは、砂漠キャンプへ。まずはキャンプに入る前にラクダ乗り体験。ホントに体験だけで、1分程くるりと周囲を回っただけで終わりだった。camel-rideそして、キャンプの入り口。camp-entranceキャンプの中はベリーダンスのショーステージがあり、それを取り囲むように座席がある。それ以外にもお土産屋や水タバコのブース、ヘナのタトゥーコーナーなどがある。

食事はビュフェ形式で、コロッケみたいなファラフェルや、羊肉の焼いたモノものなど中東の料理。お味はまあ、観光地なので期待するほうが野暮ってもの。farafelドバイに来て辛いのは、酒が高いこと。暑い砂漠を越えてきて、ビールの一杯でも気軽にグイッと行けたら最高なのだが、高いので買うのを躊躇してしまう。結局コーラなどのソフトドリンクで済ませることが多かった。buffet加えてびっくりしたのは、配膳をしているおじさんたちは皆ランドクルーザーでお客さんを運んできたドライバーさん。つまりお客さんをクルマを降ろしたのち、彼らは皆キャンプでかれらをもてなすべく働いているのだ。なかなかドライバーも大変だ。
tobaccoメシをくったら、ベリーダンスには目もくれず、シーシャを嗜む自分。

砂漠に浮かぶ満月、ドバイの夜は更けていく。頭の中で流れる歌はマリア・マルダーのMidnight at the Oasisであった。

つづく

関連記事

コメント2件

 MISUZU | 2018.03.25 12:55

こんにちは、はじめまして。
ドバイのツアーを検索していてこちらに行きあたりました。

砂漠のデューン・ディナー体験と伝統の木造船「ダウ」ディナークルーズが
オプショナルツアーでえらぶようになっています。
どちらにしようかなー、というのが検索の理由です。

ところでスペイン、わたしも昨年娘と一緒に卒業旅行で行きました。
こちらで読んだスパニッシュスープのくだり、たいそうおもしろかったです。
お母様の旅の直感、すばらしい。
スープのレシピもまたすごいです!

ドバイ、友人が行こう行こうっていうので気にはなってましたが
わたしも行ってみたくなりました。
また寄らせてもらいますね。失礼しました。

美鈴

 管理人 | 2018.03.26 17:58

初めまして、ご訪問ありがとうございます。木造船クルーズは行ったことがないのでなんとも言えませんが、砂漠の体験は中東ならではなので、やはり一度は体験されたほうが良いかと思います。ただしこれから行かれるのであれば相当暑いので、装備と体調管理はお気をつけください。スパニッシュスープの思い出は鮮明にのこってます。日本でも簡単に出来るので、ぜひお試しください^^

Comment





Comment