toggle

テムズ川とビール工場見学

娘を保育園に預けて3週目に突入。最初の週は毎日だったけれど、その後は週2日のペースの為、なかなか親離れ出来ない。先週の朝は保育園に近づくとイヤイヤ言い始め、先生に預けると「パパー!パパー!」とこの世の別れのようにギャンギャン泣き出してしまう。私としては預ける以上先生を信頼し、さっさと出てきてしまうのでその後を案じることもなく、頭を次の事に切替えてしまう。ただ、初めて丸一日預けた日のお迎えでは、教室内で死んだ魚のように焦点の合わない目で座っている娘を見て、「なんてかわいそうな目に合わせているんだ俺は。」とても心苦しくなった。あの目は衝撃的すぎて今でも思い返してしまう。

そして3週目の今日も預ける際に泣きわめくんだろうなと内心ドキドキしながら保育園にいったら、初めは私の足元にギュッとしがみついていた娘も、一切泣いたりわめいたりせず、最後には先生に抱かれながらこちらをバイバイして送り出してくれた。そんな娘を見てほんとうに頼もしくなったと嬉しくなる。

ところでパパが一人になった暁には、娘には申し訳ないが、いままで我慢していたロンドン観光をさせてもらいたいのである。そこで今日はテムズ川散策をしつつ、ロンドン最大のビール醸造所である、Fuller’s Breweryに工場見学に行くことにした。

Underground District線のHammersmith駅からテムズ川岸に出る。写真はHammersmith Bridgeとテムズ東方面を臨むショット。今回向かう方向は写真の逆側、西方向に進んでいく。hammersmith

風も無くおだやかな天気。駅中のピザスタンドで買った一切れのピザを頬張りながら、川べりの遊歩道を進む。

river_thames

途中、川沿いにパブやカフェが立ち並んでいる。気持ちよさそうだがまだ気温は8度くらいなので、外でお茶をするのはしんどい。

riverside-pubs

最近は随分と日も長くなり、春の兆しが見えてきている。これは満開のマグノリア(木蓮)。

magnoria

鳥さんもこんにちは。

bird

途中、道が川沿いから離れ、建物に挟まれた細い路地に変わる。すると、今回の目的地Fuller’sの名前とそのシンボルのグリフィンが掲げられているパブ”The Dove“を発見。地球の歩き方にも載っている有名店らしい。一杯飲みたい気持ちが盛り上がってくる。わくわく。でも我慢我慢、ビール工場までは。

the_dove

そして駅から歩くこと30分、フラーズ醸造所に到着。

brewery-building

fullers-brewery

ツアーは完全予約制。ウェブでの申し込みとなる。なぜか1日前以内程度の直前だと、画面上でスロットが空いているのに決済段階でエラーが出て予約が取れないというバグ?が発生するので注意。日数に余裕を持って予約すべし。中では1.5時間ほどかけて、醸造所の成り立ちからビール醸造工程の説明を受けることが出来る。ここは中世の頃からビールづくりが始まっている歴史のある醸造所。今ではヒースロー空港から車でロンドン中心部に高速道路で来る場合必ず通る場所にある。このようなロンドン市内のコストがかかる立地でも、移転をせず歴史を重ね続けているのは家族経営だからとのこと。
tour

ツアーの最後はお楽しみの試飲タイム。25分間13種全ての銘柄を好きなだけ飲むことが出来る。原料にこだわり手間ひまかけて造られたビール、工場見学後だと一滴も無駄にするのがもったいない気持になって、一杯ずつしっかり飲んでしまう。180mlくらいの小さなグラスなのだけれど、4銘柄でギブアップ。もったいないおばけのせいで戦略を誤った。写真の右端にあるポイ捨てケースにどんどん捨てて次の銘柄に移ればよかった。。。

tasting

個人的なおすすめは看板商品であるペールエールLondon Prideとよりパンチの効いたESB、ブラジル産はちみつをふんだんに使って仕込んだゴールデンエールHoney Dew。ぜひお試しあれ。

——–
フラーズ醸造所

2016-03-13 | Gallery, イギリスの食

ブラック・プディングを食す

british-sausage

イギリスに来てみると噂通り微妙な食べ物が多い。ソーセージはその一つ。日本人ならソーセージといえばウインナーソーセージ。プチッ・パキッとした皮の感触と、プリっとした肉感に慣れ親しんでいるので、コシのないブリティッシュ・ソーセージはまるで地球外生命体のよう。これには肉以外にラードやパン粉がたっぷり詰まっているので、生の状態はムニュっとスライミーな触感。フライパンで焼くとパンパンに膨れ上がり、カブトムシの幼虫のよう。しかも一本から大さじ一杯の脂が滲み出してくる。そして食感はブヨブヨ。肉なのかつなぎなのかよくわからない。決してまずくないのだが、とりわけ旨いわけでもない。イギリスもドイツも元をたどればゲルマン人、なぜ海を隔てるとここまでソーセージの解釈が変わるのか分からない。

ブリティッシュ・ソーセージだけでなく、ブラッド()ソーセージの一種、ブラック・プディングもイギリスらしいソーセージの一つ。実際ソーセージという名前がついていないだけに、肉が入っていない。中身は豚の血、豚の脂身、オートミール、にんにくなどの香味野菜とスパイス。「何故肉はない?」という気持でいっぱいになる。

とはいえ、ブラック・プディングはイギリスの朝食の定番。地元の味を試すべく、スーパーに買いに行った。これに限らないのだが、安い加工食品を買うと確実にまずいので一番高いブラック・プディングを購入。それでも10センチ強のものがたった2ポンド。スーパーのPB品が1ポンドなのでそれほど高くない。原材料がリサイクル品みたいなものだからそんなもんだろう。

IMG_5773 2

のんびり起きた週末の朝食に、焼いて食べてみることに。切ってみるとこんな感じ。白い部分は脂身と穀物のようだ。ブリティッシュ・ソーセージほど脂ぎってはいないので少し安心。

cut-black-pudding

まずくて食べれなかった時のバックアップ用のベーコンと一緒に焼いているの図。本気で保険かけてます。。。火を通すと穀物部分が膨らんで粒が大きくなってくる。問題発生!焼く前も後も真っ黒なので、食べごろが全くわからない。。。。

cooking

なんとなく火が通ったぽいので、調理完了。これだけだとあまりに貧相なので、目玉焼きとベーコンとベイクドビーンズも盛りつけて、イングリッシュ・ブレックファーストの出来上がり。いやー、どうです?この完璧なビジュアル。勿論イギリス人なら垂涎モノでしょう。

english-breakfast

ブラック・プディングのお味はというと、割りと美味しかった、というのが感想。脂っこくないのがまず好印象だった。味もそれほど血の味の癖がなく、あっさりしている。まあ、そもそも期待値を相当低く見積もっていたからなのだけれど。。。

主夫の息抜き:ドライシェリー

ワインスクールに通っていた程お酒はもっぱらワインが好きなのだが、こっちに来て妻に扶養してもらっていることもあり、ワインにお金を掛ける気が全く起きない。日本よりお得であれば高いワインも自分のカードで貯金を切り崩してでも購入してもいいかと思うのだが、円建てに換算すると、値段が殆ど日本と変わらないのでアホらしくてやらない。

勿論フランスやスペインやイタリアに行けば、元は水代わりにぶどう酒を飲んでいた地域、圧倒的に日本より安い値段で購入できる。やはり原産国だからだろう。イギリスは天候に恵まれずワインの産地ではない。あくまで輸入国でしかない。

例えば、イエローテール。典型的コンビニワインだが、こちらでは6ポンド。£1=¥170で換算すると1000円程度。日本と変わりがない。まあこれはオーストラリアのワインだから輸送コストもそれなりに掛かるだろう。ではヨーロッパのワインはどうか、とくにこちらではスペインのワインが安く売られている。それでも5ポンド以上、テイストは悪くないが日本でも1,200円出せば飲めるクオリティ。34ポンド台となるとヴィンテージも無いブレンデッドワインになり、白はキンキンに冷やして飲めばごまかせるが、赤などは甘ったるくて雑味が多く、速攻で料理酒行き。日本で買う500円ワインと大差ない。

ところでイギリスではしばしばシェリーがスーパーのワインコーナーの一角を占めている。シェリーはスペインはアンダルシア地方のワインだが、スペインでもバスクやカタルーニャなど別地域では余り見ない。スペインよりもむしろイギリスが一大消費地なのだそう。そういえばクリスマスの時も近所の子供のパーティで父母に甘いシェリーが振る舞われていたっけ。しかもスーパーのPB商品まであるのが面白い。それほどにポピュラーなワインなのだ。

sherry

これならば日本で飲むよりコスパが良い。そこで最近飲んでいるのがフィノやマンサニージャなどのPBドライシェリー。これなら5ポンド程度で買える。日本ではドライシェリーを安価に飲みたくても前述のティオ・ペペを1500円くらいで買うしか無い。ましてや恵比寿あたりのスペインバルで一杯頼んだら、小さなグラスに普通のグラスワインの半分程度の量で600ー700円取られてしまう。

sherry-bottle

写真はSainsbury’sというスーパーのPBマンサニージャ。PBだけど十分美味しい。ドライシェリー独特ののナッツ、アーモンドというか焦げ臭いような香りと、キリッとした酸味とソルティーな後味はしっかりある。しかも酒精強化ワインだからアルコール度数も15度あってすぐ酔える。これに合わせるツマミはドライソーセージが個人的にはベスト。

今日は妻が残業のため、食事から風呂、寝かしつけの一連を一人でこなしたのだが、娘の寝かしつけに1時間以上かかり、21時過ぎになってしまった。疲れた。。。そんな自分へのご褒美の一杯。お疲れ様でした。

2016-02-14 | Gallery, イギリスの食

バターナッツかぼちゃを食す

普段はお風呂と寝かせつけを妻に分担してもらっているのだが、妻の仕事や飲み会で遅くなる場合は夕食を適当に済ませられるので楽な反面、上記の世話を私がためものすごく辛い。しかも最近娘が昼寝をしてくれないので、途中休憩を入れることが出来ず、本当に辛い。

妻の帰りが遅くなる今日も、寝かせ付けに1時間格闘の後失敗。見切りをつけ、外の空気を吸わせる為スーパーに連れて行く。そこで山積みになっているbutternut squashというのが目に入ったので買ってみた。一個£1程度でお買い得だし、恐らくこれだけフィーチャーされているのはきっと旬なんだろう。

supermarket

細長く、ひょうたんみたいな形。ポルトガル産と書いてある。家で食べ方を調べると、あれ、日本でも結構流通しているのかな?見た覚え無いけど。バターナッツかぼちゃという名前で結構レシピがヒットする。

butternuts-squash

上下を分割し、下の部分を割ってみると、オレンジ色の美味しそうな色合いが現れた。

squash-cut

手間を掛けたくないので、冷蔵庫に余っていたパプリカと共に下半分をオーブン焼きにする。

squash-plate

でき上がり。今日の自分の食事は昼飯の残りとこれで終わり。子供にはご飯と味噌汁。

grilled-squash

若干メロンのような瓜臭さがあるが、普通に日本のカボチャと余り変わらない味わい。皮も薄くて食べやすい。食感はホクホクという感じではなくねっとりしてる感じ。こちらのじゃがいもも所謂メークイン系でねっとりしているのを考えると、日本人がむしろ芋やカボチャのホクホク食感を好んでいるんだろうな。

親子クッキング:スコーンを焼く

cooking

ハムステッド・コミュニティーセンターの子供教室、木曜日のプログラムは親子クッキング。イギリスならではの焼き菓子を作ることが出来る。

今回のメニューはイギリスを代表するお菓子、スコーン。下がレシピ。

scorn-recipe

レシピは極めてざっくりしている。バターで小麦粉を練って、レーズンを入れて形を整え、オーブンで焼くだけ。公民館にもオーブンが設置されているので、簡単に焼き菓子が出来る。うちの子はちょっと興味を引くほどの歳になっていないので、小麦粉が手にくっつくだけで気持ち悪がって手を洗いに行こうとする。結局自分がほとんど作ることに。でも型抜きだけは粘土遊びと同じだから楽しそうにやっていた。

scorn

出来上がりの見た目はまるでクッキー。良い香りに期待を膨らませながら一口かじってみると、味が無くて超粉っぽい。ハッキリ言って不味い。砂糖がはいってないから当たり前か。これにジャムやクロテッド・クリームを付けて食べるのが本場の食べ方だろうが、こんなゴワゴワした食べ物、そこまでして食べる価値があるのだろうか。

簡単なので皆さんもお試しあれ。

1 2 3 4