toggle
2017-02-06

子連れフレンチアルプススキー旅 その1

mountain

12月のクリスマス直後に家族3人でフレンチアルプスのスキーリゾートに旅行した。その中身を説明したいと思う。

そうだ、アルプスに行こう

ロンドンに住んでいると、冬は本当につまらない。ほぼ天気は雨か曇りの2択、ごくまれに晴れたかと思いきや、緯度の高さゆえなのか、日差しが弱々しい上、あっという間に曇りか雨に戻ってしまう。週間天気予報を見て晴れがこの先一週間まったくないというゲンナリな状態は日常茶飯事。forecastそれに加え、イギリスはメキシコ湾流の影響で微妙に暖かいため冷たい雨が降るがあまり雪にはならない。さらにイングランドは山がない。イングランドは標高1,000メートルを超える山岳地帯は無く、ほぼなだらかな丘しかないため、雪山はない。冬らしいアクティビティなどもってのほかという可哀想な土地なのだ。

折角ヨーロッパにいるのだから、スキーに行ってみたい、冬らしい楽しみを味わいたいと12月26日から31日までフレンチアルプスに滞在することにした。とにかく憂鬱なイギリスから離れたい、その一心でもあった。

クラブメッド・セール・シュヴァリエ

今回の旅で利用したのはClub Med。航空券から滞在、食事代、託児所代まで全てインクルーシブなリゾート施設。日本では北海道のトマムと石垣島の川平湾にあるのだが、1週間で一人30万円〜50万円と高価で、よほどお金に余裕がある人でないと利用できない。一方場所もよるのだろうが、セール・シュヴァリエのClub Medは日本の半額以下で利用できる。よって家族連れに人気の場所となっているようだ。

ヨーロッパ人のスキーリゾートの楽しみ方

chalet

source: iha

フランスやイギリスの人達は、冬休みの間、1週間以上雪山にステイするのが普通らしい。宿泊の方法も温泉旅館とか民宿ではなく、シャレー(Chalet)という山小屋を一棟借りて、数家族でシェアして過ごしたり、Club Medのようなリゾートでまったり過ごすというのが一般的のようだ。

セール・シュヴァリエ

場所の剪定については、同じくフランスのシャモニーや、スイスのツェルマットなどいろいろ検討はしたのだが、今回は2歳半の子供がいるため、食事や託児が楽なリゾート施設ありきで選んだ。正直この村がどの場所にあるのかよくわからなかったが、イタリアとの国境の近く、トリノとグルノーブルとの中間あたりに位置している。実際今回のフライトはトリノまで飛ぶことになっている。

ロンドン・ガトウィック空港からトリノへ

早朝のフライトの為、前日はガトウィック空港のホテルで一泊。ロンドンからトリノまでは僅か2時間。本当にヨーロッパって狭い。フランス上空を暫く進んでいくと、フレンチアルプスの頂きが目下に広がって壮観である。

view_of_alps

山脈を抜けるとあっという間にイタリア側にやってきた。トリノの周りは広い平野になっている。

Turin

トリノからフランス国境を目指す

トリノ空港を降りると、気温は摂氏1度。寒い。Club Medのガイドに案内され、シャトルバスに乗り換える。ここから2時間半のバスの旅。両国を遮る山脈を乗り越え、フランス側に行かなくてはならないのだ。バスのお客は我々以外に10人程度、ガラガラだった。

shuttle_bus

ハイウェイを西に進み、山岳地帯に入ること1時間半、峠道のてっぺんに到達するとそこは仏・伊の国境の村、スキー場が現れる。

Montgenèvre

おおー。楽しみだ。しかしまだ我々のゆく先は1時間位かかる。バスは峠をくねくねと降りていく。

続く

関連記事
Comment





Comment